環境活動

環境マネジメントシステム

1.環境方針

理 念

地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つである事を認識し、当社の事業主体であるプラスチック
成形・組立をはじめ事業活動のあらゆる面で、環境の保全に配慮して行動する。

スローガン

『環境負荷を削減し、美しい地球を』

方 針
  1. 環境管理システムの継続的な推進・向上
    環境保護活動を推進するために、目的・目標を設定し、その実行を通して環境管理システムの継続的改善及び汚染の予防を図る。

  2. 環境負荷削減への取組み
    (1) 廃プラスチック、紙などの削減とリサイクルの推進
    (2)省エネルギー、省資源の推進
    (3)環境に大きな影響を与える化学物質の不使用、使用量削減等の管理強化

  3. 環境関連法規制の遵守
    (1)法規制及び条例等を遵守し、更に自主的に環境保護活動に取り組む
    (2)公害防止への取組みの推進
    (3)海外法規制の遵守及び、顧客要求事項に対する取組みの推進

  4. 全従業員への周知
    環境教育、社内報掲載等を実施し、全従業員への環境方針の周知と環境保全に関する意識向上を図る。
    また利害関係者に対し要求に応じて公開する。

第一化成株式会社 環境管理責任者

2.当社の環境側面

事業活動に伴い環境に与える影響を洗い出して、環境活動の取り組みテーマを選定しました。

14 業務用缶の排出。
15 金型処理油の排出。
16 金属の排出。
17 消化設備のハロン放出。
18 成形機の騒音振動発生。
19 地下水の使用。
20 上水道の使用。
21 下水道への汚水放出。
22 冷凍機チラーのフロン放出。
23 可燃ごみの排出。
24 クーリングタワーの騒音発生。
25 ボイラーの重油使用。
26 吸収式冷凍機の灯油使用。

1 電力の使用。
2 地下水汲み上げによる地盤沈下。
3 コピー紙の使用。
4 紙の廃棄。
5 ダンボールの使用。
6 ダンボールの廃棄。
7 社有車の燃料使用。
8 社有車の排ガスの排出。
9 ローリー補給時の重油漏洩。
10 ローリー補給時の灯油漏洩。
11 吸収式冷凍機用ボイラー排ガス。
12 温水ボイラー排ガス。
13 廃プラスチックの排出。

3.環境活動に対する取組計画(目的/目標)

上で選定した取組テーマの中から環境マネジメントプログラムの計画として以下の設定を活動に取り組みました。

環境目的

環境目標

担当

進捗管理

9月

3月

少エネルギーの推奨

電気使用量の削減

2016年度実績値
基準に毎年1%削減

各部門

廃棄物削減

廃プラスチックの削減

紙の使用量削減

ダンボールの排出量削減

リサイクルの推進

廃プラスチック

リサイクル率
95%以上

環境教育

環境問題や環境マネジメントシステムの理解のため教育資料により構内で働く全従業員に環境教育を実施
しました。

対象者:構内で働く全従業員(社員/パート/派遣・委託を含む)
実施人数:347人

緊急事態
への対応

起こりうる緊急事態を想定して、緊急事態が発生した場合の対応手順を作成、これに伴う対応訓練を実施
しました。

  1. 成形部門:タンクローリーから地下タンクへの灯油補給時の漏洩を想定しての訓練を実施。
  2. 金型部門:放電加工機の誤作動により加工槽からの油流出を想定しての訓練を実施。
  3. 壬生第一工場:タンクローリーから地下タンクへの灯A重補給時の漏洩を想定しての訓練を実施。
  4. 全社:工場内での火災を想定しての救護訓練を実施。
法規制遵守
の状況

適用される法規制遵守の状況を点検しました。法律違反・公害訴訟・利害関係者からの苦情などいずれも
該当する事項はありませんでした。

当社に適用される主な環境関連法規

当社関連事項

環境基本法

環境保全に対する基本事項

環境保全全般

大気汚染防止法

はいじん、NOxの規制

ボイラー、吸収式冷却機の運転

下水道法

下水道への排出基準

コンプレッサーのドレン水
金型冷却水、生活排水

騒音規正法

成形機の騒音振動
栃木県条例/石橋町届出

特走施設 
コンプレッサー、
成形機、チラー冷凍機

振動規制法

工業用水法

地下水の適正採取/合理的利用

地下水汲み上げ井戸 3基

温暖化防止法

指定物質を使用する施設設備の管理

空調設備(フロン) 
遮断機(大フッ化硫黄)
変圧器(PCB)

オゾン法保護法

規制物質排出の抑制

ハロン消化設備 空調設備

省エネ・リサイクル法

エネルギー管理者の選任

自販機容器の排出(業者回収)

家電リサイクル法

家電4品目の排出規制

廃プラスチック、コピー紙、
ダンボール、金属切粉、ペール缶

容器包装リサイクル法

分別排出とリサイクル商品
の使用義務(消費者)

廃プラスチック、コピー紙、
ダンボール、金属切粉、ペール缶

労働安全基準法

職場の安全衛生管理、管理者届出

安全衛生管理全般

消防法

危険物第4類 第二石油類
指定可燃物貯蔵所

灯油地下タンク、A重油
貯蔵原料倉庫、物流倉庫

化質法(PRTR)

化学排出量の把握

PCBトランスの保管

廃棄物処理法

産業廃棄物排出量・
排出先の把握(マニフェスト)

廃プラスチック、ダンボール、
その他 紙、金属類、産業廃棄物

海外法規制

RoHS指令、REACH規則

製品含有化学物質管理

ISO14001取得

第一化成株式会社は、開発~生産にいたる日本国内の全事業所及び営業所におきまして、2002年1月30日、環境マネジメントシステムの国際規格である「ISO14001」を取得しました。

これからも、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つである事を認識し、事業主体であるプラスチック成形・組立をはじめ事業活動のあらゆる面で、ISO14001の取得を環境活動のステップとして継続的に改善・予防活動を推進してまいります。

ISO
ISO
ISO14001
取得事業所

事業所・営業所名

所在地

取得規格

審査登録機関

栃木工場

栃木県下野市

ISO14001:2015
JIS Q 14001:2015

ロイドレジスター(LRQA)

壬生工場

栃木県下都賀郡壬生町

ISO14001:2015
JIS Q 14001:2015

ロイドレジスター(LRQA)