沿革

1963年

会社設立。東京都台東区坂本に本社を置き、小型プラスチック歯車の成形メーカーとして製造・販売活動開始。

1964年

埼玉県越谷市に工場を建設。多数個取り金型を開発。

1965年

本社を台東区根岸に移転。

1966年

栃木県壬生町に新工場を建設移転。

1967年

皇太子殿下(現在の天皇陛下)の御行啓を賜る。

皇太子殿下御行啓
皇太子殿下御行啓

1971年

金型工場を新設し、電機業界に参入。オーディオテープ部品生産開始。

1974年

ネスタール成形機導入。

1976年

壬生第一工場北工場竣工。組立て部品の事業開始。

1977年

サイキャップ成形機導入。アウトサート成形開発。本格生産。

1978年

名古屋営業所開設。壬生第2工場を稼動。

1981年

栃木工場竣工、ビデオカセットテープ量産開始。栃木工場内に金型工場新築。

1982年

DMS技術確立、生産開始。NC工作機械導入。スタックモールド金型開発。

1983年

社歌制定。大阪営業所開設。栃木工場増築稼動。

1984年

壬生第2工場新築、VTRカセット生産開始。SAM多品種少量生産システム導入。

1985年

CDケース生産開始。キュベット生産開始。IBMコンピューターシステム導入。

1986年

セラミック生産開始。

1987年

IKKA Technology Inc.を米国に設立。

1988年

コネクター生産開始。

1989年

CAD/CAMの導入。

1991年

栃木工場増設。OA関連事業開始。プリンター関連組立生産開始。成形ライン無人化。

1992年

栃木工場内に物流センター開設。プリンター完成品組立開始。

1993年

M.A.C. Technology (Malaysia) SDN.BHD.をマレーシアに設立。

1994年

インクカートリッジ生産開始。金型コーテイング設備導入稼動。

1996年

TPM活動開始。IKKA(Hong Kong)CO.,LTD.を香港に設立。

1998年

ISO9002認証取得。IKKA Technology Inc.にてQS9000認証取得。

1999年

生産革新運動 ILTI(IKKA Lead Time Innovation)開始。

2000年

ISO14001認証取得に向けて環境管理委員会発足。

2001年

M.A.C. Technology (Malaysia) SDN.BHD.にてISO14001認証取得。

2002年

ISO14001認証取得。独自のSupply Chain Management体制確立。
M.A.C. Technology (Malaysia) SDN.BHD.にてISO9001.2000認証取得。

2003年

ISO9001.2000認証取得。中国広東省東莞市石龍鎮で直営工場「東莞石龍一化精密注塑廠」が稼動。

2004年

M.A.C. Technology (Malaysia) SDN.BHD.にてISO/TS16949認証取得。

2005年

株式会社 一化商事設立。

2007年

名古屋工場設立。

2009年

IKKA Technology (Vietnam) Co., Ltd をベトナムに設立。

2010年

東莞一化精密注塑模具有限公司を中国に設立。

2012年

IKKA Technology (Vietnam) Co., Ltd にてISO9001/14001認証同時取得。

2015年

1月 ベトナム工場拡張および設備増強を実施。
4月 能率集団(ABICOグループ)入り。